健康長寿へのあゆみ 健康長寿長野県の食はこれだ!!


「食」は命の源と言われているように、私たちの生活に欠かせないものです。

県民一人ひとりが健康で長生きをするためには、子どもの頃から望ましい食生活を身に付けるなど、生涯を通じて健康づくりを実践することが重要です。

長野県は、男女ともに平均寿命が全国で最も長く、高齢者の就業率も全国で最も高いことから、健康長寿県として注目されています。

調査から分かった長野県の食生活は、全国と比べてよい特長があります。これまでの健康長寿を支えてきた「信州の食」の活動を振り返り、次世代に伝えていくなど、さらなる健康長寿を目指しましょう!

 

“長野県の食”は、減塩でもっと健康的な食事に!

長野県民の食生活は全国に比べてよいいろいろな栄養素をしっかりとっている一方で、食塩に関してはとりすぎているという短所があります。食塩を多くとると、高血圧や脳血管疾患のリスクを高めます。

長野県民の脳血管死亡率を見ると全国平均よりも高くなっています。脳血管疾患は、高齢者の要介護状態の要因にもなるため予防することが大切です。

詳しくは、

県民の食生活の移り変わりから見た「健康長寿へのあゆみ」(リーフレット)をご覧ください。

詳細はこちら。

ページの先頭へ